外壁塗装の下塗り

下塗り

下塗りは壁の洗浄、補修後に行われます。

 

シーラーという接着させるためのような塗料になります。

 

壁と塗料を接着する為のものです。

 

ですから、3回塗るうちの1回はこのシーラーです。

 

下塗りと呼ばれています。

 

 

 

 

3層塗る場合の層の違い

  内容
上塗り 指定の塗料を上に塗ります。
中塗り 指定の塗料を塗りますが、色違いの場合もあります。
下塗り 下塗りはプライマー(シーラー)、フィラーでの下地調整です。穴やクラックなどがある場合、フィラーで調整します。その後にプライマーを塗ることで塗料がしっかりと塗ることが可能になります。